和歌山市の花:つつじ

和歌山市役所

トップページ > 組織案内 > 建築指導課 > 中間検査・完了検査

中間検査・完了検査

中間検査について

 平成19年6月20日に改正建築基準法が施行され、審査・検査の厳格化により、同法7条の3第1項第1号で「階数が3以上である共同住宅の2階の床及びこれを支持する梁に鉄筋を配置する工事」が特定工程に追加されました。これに伴い本市では、階数が3以上の鉄筋コンクリート造の共同住宅については、上記の「2階の床及びこれを支持する梁に鉄筋を配置する工事」の特定工程のみ適用されます。
なお,法改正や社会情勢の変化により,期間中であっても指定内容を変更する場合がありますので,ご了承願います。

A 特定工程及び特定工程後の工程の指定(本市告示第111号全文より)

1. 中間検査を行う区域
和歌山市全域
2. 中間検査を行う建築物の構造、用途又は規模
一戸建ての住宅(兼用住宅を含む。)、長屋又は共同住宅(法第7条の3第1項第1号の規定の適用を受ける共同住宅を除く。)のうち、住宅の用途に供する部分(新築、増築又は改築に係る部分に限る。)の床面積の合計が50平方メートルを超えるもので、次の各号のいずれかに該当するものとする。
(1) 主要構造部が木造で、かつ、階数が2以上のもの
(2) 主要構造部が鉄骨造、鉄筋コンクリート造(プレキャストコンクリート造を含む。以下同じ。)又は混構造(木造と鉄骨造、木造と鉄筋コンクリート造又は鉄骨造と鉄筋コンクリート造)で階数が2以上4以下のもの
3. 指定する特定工程及び指定する特定工程後の工程
構造 特定工程 特定工程後の工程 特定工程 特定工程後の工程
木造 構造耐力上主要な部分の工事 壁の外装工事又は内装工事
鉄骨造
鉄筋コンクリート造 基礎配筋工事 基礎コンクリート打設工事
木造と鉄骨造の混構造 構造耐力上主要な部分の工事 壁の外装工事又は内装工事
木造と鉄筋コンクリート造の混構造 基礎配筋工事 基礎コンクリート打設工事
鉄骨造と鉄筋コンクリート造の混構造 基礎配筋工事 基礎コンクリート打設工事
4. 適用の除外
法第18条又は第85条の適用を受ける建築物については、この告示の規定は適用しない。

B 中間検査及び完了検査のフロー図  フロー図

C 中間検査申請の必要書類

1. 中間検査申請処理カード
2. 中間検査申請書(第1面~3面、省令第26号様式)
注)計画通知の場合は、省令第42号の17様式
3. 中間検査申請書第4面に代わる工事監理の状況報告書
(イ) 木造
様式A(共通) + 様式B(木造 軸組工法・枠組壁工法)
様式A(共通)
(ロ) 鉄骨造
様式A(共通) + 様式C(鉄骨造)
様式B (木造)
(ハ) 鉄筋コンクリート造
様式A(共通) + 様式D(鉄筋コンクリート造)
様式C(鉄骨造)
(ニ) 木造と鉄骨造の混構造
様式A(共通)+様式B(木造 軸組工法・枠組壁工法)+様式C(鉄骨造)
様式D(鉄筋コンクリート造)
(ホ) 木造と鉄筋コンクリート造の混構造
様式A(共通)+様式B(木造 軸組工法・枠組壁工法)
+様式D(鉄筋コンクリート造)
 
(ヘ) 鉄骨造と鉄筋コンクリート造の混構造
様式A(共通)+様式C(鉄骨造)+様式D(鉄筋コンクリート造)
 

様式A記載の注意事項
※ 「ホルムアルデヒドに関する規制」の欄については、天井裏等の部分の措置を建材によって行う場合で、中間検査の時点で隠ぺいされている部分となる場合にのみ記入してください。( 天井裏等の部分の措置を換気もしくは気密層・通気止めで行う場合は記入不要です。)
4. 委任状(中間検査の申請を代理者に委任する場合)
5. 構造耐力上主要な部分の軸組、仕口その他の接合部及び基礎配筋の写真(検査の特例を受ける場合)
6. 軽微な変更の内容を記載した書類(軽微な変更がある場合)
・申請書第三面の「軽微な変更」欄に内容等を記入してください。
7. その他の必要書類
(イ)確認済証写し  
(ロ)変更確認済証写し(変更確認がある場合)
(ハ)注意事項写し(副本)
(ニ)確認申請書(副本)1面~5面写し
(ホ)付近見取図 
(ヘ)配置図 
(ト)各階平面図(耐力壁,H12告示1460号による金物等記入)
(チ)その他必要と認められる書類

D 中間検査の立会い時、提示していただく書類
(下記の書類については現場検査立会い時に提示お願いします、ただし、法第6条の3の確認の特例がある場合は除きます。)

(イ) 材料関係規格証明書等
・鋼材(鉄骨、特殊デッキ、ブレース、特殊柱脚、等)
・鉄筋
・コンクリート(配合報告書、コンクリート圧縮試験、納入伝票)
・杭関係(材料関係規格証明書等、杭施工報告書、地盤改良施工報告書等)
(ロ) 鉄骨接合部確認書類
・超音波探傷試験等

完了検査について

A 完了検査申請の必要書類

1. 完了検査申請処理カード
2. 完了検査申請書(第1面~4面、省令第19号様式)
注)計画通知の場合は、省令第42号の13様式
3. 委任状(代理者に委任する場合)
4. シックハウス関係資料
(1) 壁・床・天井の、それぞれ主要な部分の一種以上について、それぞれの材料の種別判断できる写真もしくは資料を添付してください。( J I S マーク等の写真、認定書の写し等)
(注1) 最も多く使用している材料についての写真及び資料は必ず添付してください。
(注2) 現場の検査立会いの際には仕上げ材・ 下地・ 接着剤・ 天井裏等の部分の材料の種類が判る資料(認定書・JISマーク等の写真・納品書 等)や工事写真等の提示を求めますので、添付を求めていない写真・ 資料についても整理しておくようお願いします。目視確認できない隠ぺい部分については、特にご注意願います。
(注3) 平成23年5月1日の規則改正により、工事終了時における内装仕上げの写真の添付は不要とします。
5. 軽微な変更の内容を記載した書面(軽微な変更がある場合)
・申請書第3面の「軽微な変更」欄に記入してください。
6. その他の必要書類
(イ) 中間検査合格書の写し
(ロ) 確認済証の写し
(ハ) 変更確認済証の写し
(ニ) 注意事項写し(副本に添付済)
(ホ) 確認申請書1面~5面の写し
(ヘ) 付近見取図
(ト) 配置図
(チ) (浄化槽・公共下水)検査済証の写し
(リ) 消防用設備等検査済証の写し及び防火対象物使用開始届の写し
(ヌ) 法12条5項の工事監理報告書表紙の写し(当該工事監理報告書の提出がある場合)
(ル) 非常用照明照度測定表
(ヲ) 避雷設備設置抵抗測定表
(ワ) その他必要と認められる書類
7 完了検査の立会い時、提示していただく書類
(下記の書類については現場検査立会い時に提示お願いします、ただし、法第6条の3の確認の特例がある場合は除きます。)
(イ) 材料関係規格証明書等
・鋼材(鉄骨、特殊デッキ、ブレース、特殊柱脚、等)
・鉄筋
・コンクリート(配合報告書、コンクリート圧縮試験、納入伝票)
・杭関係(材料関係規格証明書等、杭施工報告書、地盤改良施工報告書等)
(ロ) 鉄骨接合部確認書類
・超音波探傷試験等
不明な点は、下記までお問い合わせ願います。

お問い合わせ先

和歌山市 都市計画部 建築指導課 確認検査班
TEL:073-435-1100(直通)
FAX:073-435-1175
ページ上部に戻る