「定額減税しきれないと見込まれる方」への給付について(調整給付)

 

ページ番号1058114  印刷 

「定額減税しきれないと見込まれる方」への給付金(調整給付)とは

 「調整給付」とは、令和6年度の個人住民税・所得税に係る定額減税の対象者で、定額減税前の「令和6年度分個人住民税所得割額」または「令和6年分推計所得税額(令和5年分所得税額)※」から定額減税可能額を控除しきれない方に対し、その差額を給付するものです。

 ※令和6年分所得税額は令和6年中に確定しないため、前年分の所得税額からの推計により算出します。

調整給付の給付額について

次に掲げる(1)と(2)の合計額(合計額を万円単位へ切り上げ)

 (1) 個人住民税所得割分定額減税可能額 ー 令和6年度分個人住民税所得割額

 (2) 所得税分定額減税可能額 - 令和6年分推計所得税額(令和5年分所得税額)

定額減税可能額とは

●定額減税可能額

個人住民税所得割額        1万円 × 減税対象人数※

所得税額               3万円 × 減税対象人数※

※減税対象人数:納税者本人+控除対象配偶者+扶養親族(16歳未満扶養親族を含む)

※「控除対象配偶者」、「扶養親族」について、国外居住者は対象外となります。

調整給付額の計算例

●家族構成:夫(納税者)・妻(控除対象配偶者)・子(小学生)

●夫の税額:個人住民税所得割額 2万5千円

      所得税額 6万円

調整給付計算式
(1)個人住民税所得割額 (2)所得税額 調整給付の支給額

・定額減税可能額 1万円×3人=3万円

3万円-2万5千円=5千円(控除外額※)

・定額減税可能額 3万円×3人=9万円

9万円-6万円=3万円(控除外額※)

(1)+(2)=3万5千円

→万円単位へ切り上げ

給付額:4万円

※ 控除外額とは、定額減税前の「令和6年度分個人住民税所得割額」または「令和6年分推計所得税額(令和5年分所得税額)」から定額減税可能額を控除しきれない額

給付金の支給手続きについて

 対象となる方へは、ご案内をお送りする予定です。

 詳細や手続きの時期については、内容が決まり次第、本ページの更新や広報誌などによりお知らせいたします。

事務局(問合せ先)

和歌山市物価高騰重点支援給付金事務局

 対面による確認書又は申請書の提出や給付金に係る相談については事務局までお願いします。
 受付開始直後や受付終了間際については、混雑が予想されますので、ご注意ください。
 コールセンターでお電話がつながりにくい場合は、次の電話番号でもお問合せを承っています。

 住  所:〒640-8154 和歌山市六番丁19 株式会社フジ田産業六番丁ビル1階 

   電話番号:073-499-5184

 ファクス:073-499-5194

 受付時間:午前9時から午後5時まで(土日祝日、年末年始(12月29日~翌年1月3日)を除く。)

 ※電話番号をご確認いただき、お掛け間違いのないようにご注意ください。

和歌山市物価高騰重点支援給付金コールセンター

給付金に関するお問合せ、確認書又は申請書の提出や給付金に係る相談は、次のフリーダイヤルをご利用ください。

電話番号(フリーダイヤル):0120-969-861 

受付時間 午前9時から午後5時まで(土日祝日、年末年始(12月29日~翌年1月3日)を除く。)

関連リンク

給付金をかたった「振り込め詐欺」や「個人情報の詐欺」にご注意ください!

 給付金を装った特殊詐欺や個人情報、通帳、キャッシュカード、暗証番号等の詐欺にはご注意ください!

 市や内閣府などが自動現金領払機(ATM)の操作をお願いすることや、給付にあたり手数料の振り込みを求めることは絶対にありません。

 少しでも不審な電話や郵便物だと思ったら、消費生活センターや最寄りの警察署、警察相談専用電話(#9110)等にご相談ください。

このページに関するお問い合わせ

福祉局 社会福祉部 高齢者・地域福祉課
〒640-8511和歌山市七番丁23番地
電話:073-435-1063 ファクス:073-435-1268
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。新しいウィンドウで開きます