紀州おどり「ぶんだら節」

 

ページ番号1003239  更新日 令和6年6月6日 印刷 

開催日:令和6年8月3日、開催場所:和歌山城周辺、問い合わせ先:和歌山市紀州おどり実行委員会事務局(電話:073-435-1234)

令和6年度 第56回紀州おどり「ぶんだら節」

keyvi

本市の夏の風物詩、紀州おどり「ぶんだら節」。第56回大会は令和6年8月3日(土曜日)に開催。

以下、【祭りの概要】や、参加連申込み方法などの【募集関係】について掲載します。

今大会のテーマは「共創~観覧・参加から担い手へ」。

踊りへの参加はもちろんのこと、ご協賛や当日の運営サポートなど、祭りをともに創りあげ、担い手となってくださる方々を募集します。詳細は下記、【募集関係】からご確認ください。

※誰もが簡単に踊り方をマスターできるよう、2024年3月に踊り方動画を改編し、踊りを4つのパートに分けて解説しています。


【祭りの概要】

日時 令和6年8月3日(土曜日)16時50分~21時00分

場所 和歌山城周辺

   ※荒天中止、小雨決行(中止判断は当日14時、中止時はHP等で公表)

   ※交通規制は16時00分~22時00分予定

コンセプトとテーマ

   コンセプト…「連~縁(つながり)の再生」

   テーマ…「共創~観覧・参加から担い手へ

プログラム…以下に現段階の案を抜粋(詳細は今後アップ予定)

   16時00分 縁日横丁スタート

   16時50分 開会セレモニー

   17時20分 <ぶんだら21>スタート

   18時30分 <正調ぶんだら節>スタート

   19時00分 輪踊りスタート

【募集関係】

以下、(1)参加連、(2)縁日出店者、(3)協賛者、(4)サポーター(ぶんだらーず)を募集します。各ページで詳細をご確認の上、是非、積極的なお申込みをお願いします(締切は6月21日(金曜日))。

 

祭りのメインである街頭おどりに10人以上のグループで参加される方々を募集。

祭りを盛り上げていただける縁日横丁への出店事業者等(非飲食も含む)を募集。

お金(協賛金)やモノ(実行委員会の求める物資)で本祭りをご支援いただける団体と個人を募集。

当日の運営サポートなど、何らかの活動で本祭りを応援いただける方々を募集。


コンセプト&第56回大会のテーマ

concept

市民相互の「連帯」意識を願う設立当初の思いは、時代を超えて引き継がれていきます。

連(れん)を構成する組織内での縁(つながり)を強化することはもちろん、故郷のシンボル和歌山城の前で、同じ音楽・時間・踊り方を共有する踊り手達は、連なった波のようにひとつになります。

もういちど(re)、ふるさと和歌山市で大事な人々とのつながり(縁:en)を取り戻し、ハレのお祭りぶんだら節から、それぞれの日常に良い「連環(円:en)」を生み出していく。

紀州おどり「ぶんだら節」は、これからも“ありふれた非日常”の市民祭りとして、愛着を持つ多様な方々によって支えられ、未来に向けて継承されていくことを目指します。


紀伊国屋文左衛門とぶんだら

ぶんだら節は、荒海に乗り出す江戸中期の豪商・紀伊国屋文左衛門の意気と壮挙をイメージしその名にちなんで「ぶんだら」と名付けられたそうです。文左衛門を何度も繰り返して言ううちに「ぶんだら」が出てきた、という一説もあります。黒潮洗う南国紀州の美しさと豪快さを連想させると同時に、躍動力のある民謡です。
このおどりは、昭和44年に市政80周年を記念して作られました。郷土芸能の育成・市民相互の連帯意識・郷土愛護観念などを願い、誕生したのが紀州おどりです。大勢の人で賑わいます。

kashi

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

産業交流局 観光国際部 観光課
〒640-8511和歌山市七番丁23番地
電話:073-435-1234 ファクス:073-435-1263
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。新しいウィンドウで開きます